FC2ブログ

おと。


昨日は台風の影響で風が強かったしっぽ地方。
雨も降ったけど、それほどじゃなかったかな。
今朝は暴風。
そして、昨日、一昨日と冷房が要らなかった!!!
寒かった!!!
台風が去って、また暑い日が戻ってきますなぁ・・・。


さてさて、今朝は風が吹き荒れて、聞き慣れない音がしてビビるららちゃん。
「なんかやだ♪」
18080901.jpg
お目目がしょぼくれています。


「らら、かくれるね♪」
18080902.jpg
椅子の下かつトンネルの後ろという、絶対に安全な場所に逃げ込んだららちゃんなのでした。

台風が来ると、気圧の変化で体調を悪くしがちなららちゃん。
こんな時は病院で頂いている食欲増進と腸の蠕動運動促進のお薬を飲ませます。
予防として飲ませるので、量は半分。
うちのららちゃん、お薬大好きっ子なので、めちゃくちゃ喜んで飲みます(笑)。
台風は去った(のか?)とはいえ、皆様も皆様のかわい子ちゃん達もご機嫌で過ごせますように。

イマイチ顔のお写真しか撮れなかったので、お手手をペロペロするご機嫌ららちゃんを動画でどうぞ。
[広告] VPS


さてさて、先週右側上下の親不知を無事に抜歯して、本日抜糸となります。
応援のメールをくださった皆様、ありがとうございました。
とっても心強かったです(^-^)
右側上下親不知抜歯の顛末は『続きを読む』に書きました。
前回と違って今回は痛い話はない、と思うけど、少しでも痛そうな話はイヤって方は華麗なるスルーをお願い致します。

今日もご訪問ありがとうございます♪
フルーツに囲まれてニッコリりんらんちゃんがお出迎え♪

rinran_03.jpg
風太くんとココちゃんのお世話係様が、りんらんを描いて下さいました♪

『拍手』をポチポチしてくださった皆様、ありがとうございます!!!

8月2日に右側上下親不知を静脈内鎮静下で抜歯してきました。
親不知、下は完全埋伏で横に生えています。
前回、左側上下の親不知を抜いた時は、普通に口腔内の麻酔だけでえっらいオソロシイ思いをしました。
その時に、抜歯をしてくれた先生が『右側は鎮静をかけて抜いた方がいいね。左側より大変そうだから』と仰って、今回の静脈内鎮静下での抜歯となりました。
前回の抜歯顛末はコチラ

★抜歯前の診察
かかりつけの歯医者さんからの紹介状を持って、総合病院の歯科・口腔外科へ。
先生は昨年左側上下の親不知の抜歯をしてくれた、同じ先生。
先生が紹介状を開けると、そこには紹介状ではなく、昨年、先生が書いてかかりつけの歯科医師さんに送った書類が入っていました・・・。
しっかりしてくれ、かかりつけ医(笑)!!!
先生は『ま、いいんだけどさ~』とのこと。
その後口腔内のレントゲンとCTを撮って、診察。
上下とも歯の真下に神経があって、下は骨との癒着が深そうで、やっぱり鎮静下で抜いたほうがいいとのこと。
この時風邪をひいていたので、10日後に抜歯となりました。

★抜歯当日
抜歯は14時30分から。
朝食は遅めにしっかり食べて昼食は摂らないように、との指示があったので、その通りに。
緊張しすぎて30分も早く着いてしまって、待合室でひとりドキドキしながら待っていました。
少し早い時間に呼ばれて、点滴のライン取り。
ワタクシ、自慢じゃないが腕の血管が見えづらい。
採血は2、3回針を刺され、大抵青アザができまする。
先生が『失敗したくない!!!』と仰って、両腕の血管をじっくり見極めて、左腕に一発でラインを入れてくれました。
歯科医師さんに点滴の針を入れられるっていうのは、なんとも不思議なカンジ・・・。
今回はミダゾラムを使うそうで、呼吸抑制の副作用があるかもしれないとのこと。
指に心拍計、胸に心電図の装置、右腕に血圧計、鼻から酸素吸入で、なんだかスゴイ事になりました。
血圧測るのも自動なのね・・・。

ラインを確保して薬剤が流れ始めて、先生から『お酒強い?』との質問。
何の迷いもなく『はいっ!!!』と元気に答えると、周りのお若い歯科衛生士さんだか看護師さんだか歯科助手さんだかに、ぷーくすくすって笑われてしまった・・・。
いや、ホントのことを言ったまでよ!!!
先生が『お酒強いんだったら、あんまり効かないかもしれないな~』なんて仰るので『え~っ、先生、お願いしますよぅ』って言った後に、即、寝た(笑)。
その後、先生の『開口器』とか、いろいろ指示する声が聞こえたり、ガリガリギュイーン的な振動があったりしたんだけど、他人事のよう。
右下の処置をしている時に一度、神経近くをかすったようで『ひゃぁっ!!!』と声が出たけど、速攻で麻酔が追加されて、その後も他人事なカンジでした。
縫っている感覚がして(もちろん痛くはない)、糸を切る音がして、処置、というか手術は完了。
なんだか拍子抜けする位にあっという間で、自分的には15分位の感覚だったけど、1時間経過していました。
前回の左側上下を抜いた時の恐怖はなんだったの?っていう、痛みも恐怖もなかった。
その後、痛み止めと抗生剤の点滴をして、痛み止めと抗生剤のお薬をもらって、帰宅。
タクシーで帰宅することを条件に付添人なしで処置してもらったんだけど、点滴に2時間強かかったので、頭も身体もスッキリ。
普通に電車で帰りましたとさ。

そうそう、静脈内鎮静は自由診療だと思っていたんだけど、保険適用でした。
この日のお会計、お薬も含めて(鎮静下での処置だったので特別に院内薬局で処方してもらいました)6,380円ナリ。
お安い・・・。

★抜歯後
抜歯直後から顔が腫れて、翌日には眼下から首まで腫れました。
ついでに左側まで腫れてた(笑)。
もちろん口は開かず、スプーンでゼリーを流し込む。
痛み止めは抜歯3日後までは6時間毎に飲んでいました。
薬が切れると、なんともいえない神経痛的な心拍と同時にズンズンと鈍い痛みが襲ってきます・・・。
4日目以降は1日3回の痛み止めで過ごせるようになりました。
抜歯後7日目の本日は、腫れはだいぶ引いたけど、下顎と頬に腫れが残っています。
口はだいぶ開くようになってはきたものの、固いもの、大きいものはまだ食べられず、当分スプーン生活です。

ということで、昨年は左側、今年は右側と抜歯をして、親不知のないカラダになりました!!!
ワタクシの下顎の親不知は、両方とも完全埋伏で横に生え、とっても歯医者さん泣かせでした。
もし、同じような状態で抜歯するかどうか悩んでいらっしゃる方がいたら、静脈内鎮静下での抜歯をオススメします。
抜歯中は怖くないし、痛くない。
抜歯後はちょっと痛いかもしれないけど・・・。
そして、親不知は少しでも若いうちに抜いておいた方がいい!!!
親不知や親不知の隣の歯が虫歯にならないうちに・・・。
昨年左側上下親不知を抜歯したら、それまで悩んでいた顎関節症もなくなり、口腔環境がとてもよくなりました。
左側を抜いた時はとても怖い思いをしたけど、口腔環境が良くなったことで『やっぱり右側も抜こう』と決意しました。
総合病院の歯科・口腔外科なら静脈内鎮静で抜歯してくれるし、一般の口腔外科でも静脈内鎮静で抜いてくれる所もあるようです。

そうそう、抜歯当日は身体がだるい感じはなかったんだけど、抜歯後翌日、2日目はものすごい眠かった。
普段お昼寝は全くしないんだけど、眠いしだるいしで、よく寝ました(笑)。
もしかしたら、これが静脈内鎮静の副作用なのかな~とも思ったり。
お仕事をされてらっしゃる方は抜歯翌日はお休みを取った方がいいかもしれません。

以上、静脈内鎮静下による右側上下親不知抜歯の顛末でしたm(__)m
プロフィール

しっぽ

Author:しっぽ
☆らら
ミニレッキス・ライラック
2012年6月5日生まれの女子。
2012年10月21日お迎え。
ナデナデ大好き。

☆りんらん
ミニレッキス・リンクス
2002年9月21日生まれの女子。
2012年10月15日に10歳と24日で広い空へ走って行きました。
可愛い可愛いオトメな女優さん。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2018年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR